税金計算シュミレーション
サービス
確定申告代行サービス


確定申告をすると、国民健康保険料が上がりませんか?

上がる方と、上がらない方がいます。

 

夜の接客業を専門にしている方で、いままで確定申告をしていなくて、少ない所得で国民健康

保険料を最低ラインに抑えている場合、あるいは親の扶養家族として健康保険に加入している

方は、確定申告をすると国民健康保険料、健康保険料は「上がります」。

 

しかし、

 

昼間は会社に勤め、夜に副業でホステスさんをしている方も多いと思います。

この場合は、昼間の会社で健康保険料を払っていると思いますが、副業で個人事業主

としてホステスさんをしている限りでは、確定申告をしても、昼間の会社での健康保険料は

上がりません」。

 

なぜなら、個人事業主の方は、健康保険に加入することができないため、所得も合算され

ないからです。(個人で加入する国民健康保険と、会社で加入する健康保険は異なります。)

 

また、当然ですが事業の収支がマイナスである場合、つまり接客業の収入より支出(領収書の

合計金額)のほうが多い場合には「上がりません」。